1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 五輪「神奈川も検討」 知事に森会長/セーリングとトライアスロン

五輪「神奈川も検討」 知事に森会長/セーリングとトライアスロン

スポーツ 神奈川新聞  2014年11月12日 03:00

2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場見直しをめぐり、黒岩祐治知事は11日、大会組織委員会の森喜朗会長から、トライアスロンとセーリングを神奈川で開催する案を含めて検討していると伝えられたことを明らかにした。今月5日、横浜市内で森氏が講演した後、県庁を表敬訪問した際に伝えられた。

黒岩知事によると、森氏はトライアスロンについて「横浜への誘致の話が表に出て、それに反発している人もいて、決めかねている」と述べたという。

セーリングは、東京都の舛添要一知事が、羽田空港の航空管制上の問題で競技撮影用のヘリコプターが飛べないなどの問題があり見直す考えを示していた。森氏は「江の島などを中心とした相模湾でやりたいという話をいただいたが、まだ決まっていない」と述べたという。

黒岩知事は「神奈川も含めて検討中だと話していたので、まだ可能性があることだと解釈した。なんとかしてゴールにたどり着くよう頑張っていきたい」と話した。

【神奈川新聞】


シェアする