1. ホーム
  2. 社会
  3. 未来の川崎考えよう 川崎で再生エネ題材に児童が新聞作り

未来の川崎考えよう 川崎で再生エネ題材に児童が新聞作り

社会 神奈川新聞  2014年11月09日 03:00

未来の川崎について書いた新聞を発表する子どもたち=川崎市幸区
未来の川崎について書いた新聞を発表する子どもたち=川崎市幸区

再生可能エネルギーによるまちづくりを考える「体験しよう!グリーンパワー教室」が8日、川崎市幸区のラゾーナ川崎プラザで開かれた。「僕たち・私たちの未来の街、川崎」をテーマに市内の小学5年生24人が参加し、新聞作りに取り組んだ。

グリーンパワーは、太陽や風など自然の恵みを生かした再生可能エネルギーのこと。子どもたちは5グループに分かれ、「10年後、『こうだったらいいな』という川崎を想像しよう」などをテーマに意見交換。「グリーンパワーで魅力的な川崎の街」と題し、“未来の新聞”を作った。

このうち市立夢見ケ崎小(幸区)の児童(11)のグループは“音楽のまち・かわさき”にちなみ、「路上ライブやカラオケ、ホールといった場所で音や声で発電できれば、地球に優しくていい」などと発表した。

児童は「みんなと未来の川崎について話し合えて楽しかった。発表したことが本当に実現できればいいなと思う」と笑顔で話した。

イベントは資源エネルギー庁が中心となって進める「GREEN POWER プロジェクト」の一環で、川崎市と三井不動産が主催した。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕