1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 全国での輝き指にも 湘南学院高サッカー部員にリング贈る/横須賀・宝飾店男性

全国での輝き指にも 湘南学院高サッカー部員にリング贈る/横須賀・宝飾店男性

スポーツ 神奈川新聞  2014年11月06日 03:00

寄贈されたリングをはめるキャプテンの間明さん=湘南学院高校
寄贈されたリングをはめるキャプテンの間明さん=湘南学院高校

強豪女子サッカーチームの指にキラリ-。横須賀市大滝町の宝飾店「クラシゲ宝飾」は5日、私立湘南学院高校(同市佐原)の女子サッカー部員に同校後援会(関矢和吉会長)を通して21個の指輪を贈った。「みんなが頑張っているので」と、全国レベルでの健闘をたたえ、さらなる活躍にも期待を込めた。

同部は3年連続で全国高校総体(インターハイ)に出場し、8月の同大会で3位入賞。女子日本代表「なでしこジャパン」の近賀ゆかり選手、矢野喬子選手を輩出するなど全国的な強豪校だ。

後援会会員で、同店代表の倉茂紀夫さん(69)がスクールリングを完成させた。ブルーのトルコ石が配された銀製の指輪には「SHONAN GAKUIN」と刻印され、サイズは4種類を用意。50年以上指輪作りを続ける倉茂さんは「高校生だから制服姿でつけるのは難しいが、女の子に合うデザインになった」と笑顔で話した。

指輪をはめたキャプテンの3年、間明瀬奈さん(18)は「とてもすてき。チームとしての結果が出たからいただけたもので、うれしいです」と頬を赤らめた。

チームは8日から茨城県で始まる関東大会に出場し、全国大会の出場権獲得を目指す。全国制覇を掲げる木村みき監督(35)は「チームにとって、励みになります。3年生を中心に頑張りたい」と決意を新たにしていた。

【神奈川新聞】


倉茂さん(左)からの指輪を手渡されたキャプテンの間明さん=湘南学院高校
倉茂さん(左)からの指輪を手渡されたキャプテンの間明さん=湘南学院高校

シェアする