1. ホーム
  2. カルチャー
  3. かながわ音楽コンクール 上位入賞4人が演奏/横浜

かながわ音楽コンクール 上位入賞4人が演奏/横浜

カルチャー 神奈川新聞  2014年10月27日 03:00

神奈フィルと共演するフルート部門一般の部第1位の若狭知恵さん=県立音楽堂
神奈フィルと共演するフルート部門一般の部第1位の若狭知恵さん=県立音楽堂

第30回かながわ音楽コンクールの上位入賞者が出演する「トップコンサート」(神奈川新聞社、かながわ音楽コンクール運営委員会主催)が26日、横浜市西区の県立音楽堂で開催された。ピアノ、バイオリン、フルートの各部門から4人が出演。神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演し、約600人の観客から惜しみない拍手が送られた。

ステージに立ったのはユースピアノ部門中学生の部最優秀賞・県知事賞の嶌田そよかさん(14)=北鎌倉女子学園中2年、同部門高校生の部最優秀賞・神奈川新聞社社長賞の原萌葵さん(19)=ライプツィヒ音楽大学留学中、バイオリン部門中学生の部最優秀賞・県知事賞の戸澤采紀さん(13)=文京区立第九中学2年、フルート部門一般の部第1位の若狭知恵さん(22)=国立音楽大学4年。

4人は各部門上位の実力を存分に発揮し、神奈川フィルと息の合った演奏を披露した。

モーツァルトの「戴冠式」を演奏した嶌田さんは「楽しくて、あっという間の時間だった。ホールの響きやオーケストラとのハーモニーを聴くことができたので、貴重な経験だった」と、あこがれのステージを終え、安堵(あんど)した表情で語った。

【神奈川新聞】


シェアする