1. ホーム
  2. 社会
  3. 厳しい規制良いこと? 砂浜の飲酒制限で藤沢市長が見解

厳しい規制良いこと? 砂浜の飲酒制限で藤沢市長が見解

社会 神奈川新聞  2014年10月21日 03:00

「規制ですべて厳しい方向に持っていくことが良いことなのか」-。藤沢市の鈴木恒夫市長は20日の定例会見で、県の有識者会議が県内統一的に砂浜での飲酒制限を検討すべきと最終報告書案でまとめたことをめぐり、さらに幅広い議論が必要との認識を示した。

藤沢市の片瀬西浜では一昨年夏、海の家の「クラブ化」が問題視され、海水浴場組合は昨年から自主規制を強化。砂浜での飲酒自体は禁止していないものの、クラブ営業の禁止と音量制限を中心に取り組みを進め、風紀の改善につなげた。

鈴木市長はこれらの取り組みを「何かあっても自主的に改善していく状況が、(藤沢では)出来上がりつつある」と評価。砂浜での飲酒について「いきなり頭から駄目という話ではない」とした上で、「規制で縛る前に、安全安心や誰もが楽しめる環境を、みんなが参加してつくっていくことがベターだ」との見解を示した。今後、県にも同様の意見を伝えていくとした。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 三浦半島で停電相次ぐ

  2. 台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾 

  3. 「ホームレス襲撃」と命の重さ 横浜で22日上映会

  4. 進む入居者間連携 「湘南アイパーク」開所1年半

  5. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  6. 県立6施設22日に無料公開 即位礼正殿の儀を慶祝

  7. 【台風19号】相模原の住宅被害116棟 夫婦捜索に全力

  8. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  9. ラグビーW杯 「松島、ここからが勝負」恩師のエール

  10. 知的障害の15歳少女を誘拐、藤沢市内で 29歳の男逮捕