1. ホーム
  2. 社会
  3. ジオパーク連携深め 28日に箱根で9地域参加して関東地区大会

ジオパーク連携深め 28日に箱根で9地域参加して関東地区大会

社会 神奈川新聞  2014年10月20日 03:00

ジオパーク認定地域の「関東地区大会」が28日、箱根町元箱根のレイクアリーナ箱根で開かれる。箱根ジオミュージアム(同町仙石原)学術専門員の山口珠美さんらが講演し、地域の取り組みや課題を考える。箱根ジオパーク推進協議会の主催。

大会には、ジオパークに認定されている伊豆大島(東京都)や下仁田(群馬県)など7地域と、認定を目指す2地域が参加。日本ジオパークネットワークの斉藤清一事務局長が、全国各地の状況や活動事例を紹介する。

また、箱根町と姉妹都市で世界ジオパークにも認定されている北海道洞爺湖町の「洞爺湖有珠山ジオパーク推進協議会」事務局員が、観光振興や地元民間企業との連携、商品開発などの成果について報告する。

担当者は「ジオパークは地域の人たちの力で発展させるもの。箱根でも教育や観光に生かすきっかけにしてほしい」と、参加を呼び掛けている。

午後1時開会。当日先着100人。入場無料。問い合わせは、町企画課電話0460(85)9560。

【神奈川新聞】


シェアする