1. ホーム
  2. 社会
  3. 【台風18号】川崎・高津区では崖崩れや落石 強風にあおられ男性けが

【台風18号】川崎・高津区では崖崩れや落石 強風にあおられ男性けが

社会 神奈川新聞  2014年10月07日 03:00

台風18号の影響で発生した崖崩れ=川崎市高津区千年(川崎市提供)
台風18号の影響で発生した崖崩れ=川崎市高津区千年(川崎市提供)

台風18号の影響で川崎市内では6日、崖崩れや落石が発生したほか、階段から転落した男性が軽傷を負うなどの被害が出た。市危機管理室によると、同日午後5時現在で床上浸水が9棟、床下浸水が15棟あったほか、5世帯12人が自主避難した。

6日午前10時20分ごろ、高津区千年の市道そばで、高さ約5メートルの崖が幅5メートル以上にわたって崩落。土砂が歩道部分まで流れ出た。近くの市立橘小学校脇の市道でも、緑地の斜面から40センチ大の石が三つ落下し、道路が通行止めとなった。ともにけが人はなかった。

また、午前11時20分ごろ、幸区小倉2丁目の共同住宅で、傘を差して屋外階段の2階付近にいた男性(70)が強風にあおられ、1階付近まで転落。男性は頭部打撲の軽傷だった。

【神奈川新聞】


シェアする