1. ホーム
  2. 社会
  3. 【台風18号】横須賀でガラス割れ児童ら5人けが 三浦では高波で浸水

【台風18号】横須賀でガラス割れ児童ら5人けが 三浦では高波で浸水

社会 神奈川新聞  2014年10月07日 03:00

強風の影響で倒れた樹齢200年のエノキ=横須賀市三春町3丁目の春日神社
強風の影響で倒れた樹齢200年のエノキ=横須賀市三春町3丁目の春日神社

大型で強い台風18号は、三浦半島にも爪痕を残した。各地で強風による負傷者が出たり、屋根の飛散や倒木、道路の冠水、浸水など被害が相次いだ。横須賀市災害警戒本部によると、6日午前10時半に最大瞬間風速50・3メートルを記録した。同市根岸町2丁目の商業ビルでは2階の窓ガラスが割れ、小学生を含む5人が背中などに軽傷を負った。

同市三春町3丁目の春日神社境内の樹齢200年のエノキと、同市役所前の市の木「オオシマザクラ」がそれぞれ、強風の影響で折れて倒れた。

また、横須賀海上保安部などによると、同日午後2時すぎ、同市野比2丁目の野比海岸に同級生らと訪れた市立中学校3年の男子生徒(15)が高波にさらわれて行方不明となり、同保安部、市消防局などが捜索を続けている。

三浦市の城ケ島西側では風雨が収まった後になって、高い波が商店街や駐車場などを襲った。店の備品やコンクリートの塊などが散乱。重機も活用して復旧に追われた。背丈を超えるほどの波が押し寄せてきたといい、付近で目撃した民宿経営青木良勝さん(51)は「津波のようだった。命の危険を感じた。こんなのは初めてだ」と驚いていた。

島南西部の長津呂湾でも食堂がほぼ全壊する被害があったほか、同島北西部の駐車場は防波壁を越えてきた波で水浸しになり、漁具倉庫もひっくり返っていた。

逗子市では避難所として開設した市立小学校5校などに計48人が自主避難。葉山町では高波の影響で真名瀬漁港周辺の道路が一時通行止めになった。

久里浜(横須賀市)と金谷(千葉県)を結ぶ東京湾フェリーは、台風の影響で計28便が欠航した。

【神奈川新聞】


押し寄せてきた波で荒らされた店内=三浦市三崎町城ケ島
押し寄せてきた波で荒らされた店内=三浦市三崎町城ケ島

シェアする