1. ホーム
  2. 社会
  3. 【台風18号】県内鉄道はほぼ運転再開(6日15:40更新)

【台風18号】県内鉄道はほぼ運転再開(6日15:40更新)

社会 神奈川新聞  2014年10月06日 11:09

台風18号の影響で運行に影響が出た県内の鉄道は以下の通り。

●JR鶴見線

武蔵白石駅構内での線路冠水のため、浜川崎~扇町、浅野~海芝浦、安善~大川駅の間で運転を見合わせている。

○JR東海道線

河川の水位上昇のため運転を見合わせていたが、午後1時25分ごろ、東京-小田原間で約4時間20分ぶりに運転を再開した。小田原-熱海間は引き続き運転を見合わせている。

○JR南武線

線路冠水のため、立川~川崎駅間の上下線で一部列車が運休している。

○京浜東北・根岸線

横浜市栄区のいたち川の水位が上昇し、午前9時15分から磯子-大船間の上下線で運転を見合わせていたが、午後0時57分、運転を再開した。

○小田急線

相模大野~小田原駅間と、長後~藤沢駅間で運転を見合わせていたが、午後1時15分ごろ運転を再開した。

○シーサイドライン

午後1時20分現在、通常通りの運行に戻っている。

○湘南モノレール

目白山下駅での線路故障の影響で上下線で運転を見合わせていたが、午後0時50分ごろ運転を再開した。

○東急線

午後0時45分現在、東横線・目黒線・池上線・多摩川線・田園都市線・大井町線・世田谷線・こどもの国線の全線で運転を再開、ダイヤが乱れている。

○京浜急行

強風の影響で6日午前8時35分から久里浜線の京急久里浜~三崎口間で運転を見合わせていたが、午後1時現在、運転を再開している。

○相鉄線

午前8時43分から全線で運転を見合わせていたが、午後0時30分現在、運転を再開した。

○JR横須賀線

周辺河川の水上上昇のため運転を見合わせていたが、午後0時38分ごろ東京-久里浜間の上下線全線で運転を再開した。

○東海道新幹線

新横浜駅~豊橋駅間で運転を見合わせていたが、雨量が規制値を下回ったため12:00現在、全線で運転を再開している。

【神奈川新聞】


シェアする