1. ホーム
  2. 社会
  3. 中学生が思いを熱く 横須賀で23校代表登壇し主張大会

中学生が思いを熱く 横須賀で23校代表登壇し主張大会

社会 神奈川新聞  2014年10月05日 03:00

代表生徒が自らの意見を発表した「中学生の主張大会」=横須賀市久里浜
代表生徒が自らの意見を発表した「中学生の主張大会」=横須賀市久里浜

聴衆を前に自分の意見を発表する「第27回中学生の主張大会」が4日、横須賀市久里浜の市立横須賀総合高校SEAホールで開かれた。同市立中学の全23校から代表生徒が登壇し、熱弁を振るった。

市教育委員会の主催。自らの思いを発表し、多様な考えを知る機会にもしようと隔年で開催されている。各校の生徒や保護者ら約200人が来場した。

発表者は各校1人で、テーマは自由。大楠中学2年の男子生徒は「言葉の重み」と題し、「僕たちは言葉の本当の意味を置き去りにし、表面的な意味で使っている」と指摘。学校生活でよく使われているという「きもい」「うざい」といった言葉について、「軽いノリで使っているが、あらためて言葉の本当の意味を考えてみよう。その言葉の重みが相手を押しつぶしてしまうかもしれない」とし、「お互いを思いやった上で本当の意味で使ったときに、言葉は大きな力、意味を持つはず」と訴えた。

発表全体では「仲間」や「いじめ」をテーマにした主張が目立った。会場で耳を傾けた野比中学3年の女子生徒は「同じ問題について考えたとしても一人一人考え方が違うのだと分かった。中学校生活をより良くしていく参考になった」と話していた。

【神奈川新聞】


シェアする