1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 川崎市、市民参加のミニ公募債を発行へ

川崎市、市民参加のミニ公募債を発行へ

政治行政 神奈川新聞  2014年10月04日 03:00

川崎市の福田紀彦市長は3日の市議会決算審査特別委員会で、住民参加型市場公募債(ミニ公募債)を年内にも発行する考えを明らかにした。自民党の石田康博氏(宮前区)の総括質疑に「市制90周年の節目を記念して発行の準備を進めている」と答えた。発行されれば2007年度以来となる。

ミニ公募債は、自治体の資金調達を目的に在住・在勤の住民などを対象に発行する地方債で、国債に比べ利率が高い場合が多い。川崎市では03~07年度に発行。07年度の「川崎市民安全安心債」は、市民が安全に地域生活を送れることを目的に20億円分発行し、防災施設の整備や公共施設の耐震化などの財源に充てられた。抽選でミューザ川崎シンフォニーホールのコンサートに招待される特典が付いた。

福田市長は「ミニ公募債により、以前に比べ市債が身近になった。ふさわしい機会があれば、市民の市政への参加意識を高める目的で発行するのも手法の一つ」などと、今回の発行理由を説明。今後の発行については、「今回のミニ公募債の販売状況を精査した上、地方債市場を取り巻く環境、本市の資金調達の状況などを勘案しながら発行したい」と述べた。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 三浦半島で停電相次ぐ

  2. 台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾 

  3. 「ホームレス襲撃」と命の重さ 横浜で22日上映会

  4. 進む入居者間連携 「湘南アイパーク」開所1年半

  5. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  6. 県立6施設22日に無料公開 即位礼正殿の儀を慶祝

  7. 【台風19号】相模原の住宅被害116棟 夫婦捜索に全力

  8. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  9. ラグビーW杯 「松島、ここからが勝負」恩師のエール

  10. 知的障害の15歳少女を誘拐、藤沢市内で 29歳の男逮捕