1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 目久尻川をきれいに 海老名市役所に小学生が描いたポスター313点

目久尻川をきれいに 海老名市役所に小学生が描いたポスター313点

カルチャー 神奈川新聞  2014年10月01日 03:00

河川美化の環境ポスター展=海老名市役所
河川美化の環境ポスター展=海老名市役所

海老名市北部を流れる目久尻川の環境美化活動をしている地元の住民団体「目久尻川をきれいにする会」(飯田英栄会長)が小学生から募集した環境美化ポスター展が、海老名市役所1階ホールで開かれている。3日まで。

ポスター展は本年度で18回目。目久尻川沿いの市内の四つの小学校に作製を呼び掛け、313点が集まった。同会が実施している河川清掃やホタルの育成、稚魚の放流などに子どもたちも毎年協力しているという。

ポスターには「街のオアシス」「いこいの場所」「生命を育てる」などのタイトルが付けられ、子どもたちが同会の活動に参加した夏休みの体験などが描かれている。最優秀賞に海老名小5年生の女児が描いた作品が選ばれた。

最終日となる3日の展示は昼まで。

【神奈川新聞】


シェアする