1. ホーム
  2. ハロウィーン、音楽、阿波おどり…川崎駅前イベント一色に

ハロウィーン、音楽、阿波おどり…川崎駅前イベント一色に

神奈川新聞  2014年09月27日 12:32

福田市長(中央)とイベントをPRする各団体の関係者やマスコットキャラクター=川崎市役所
福田市長(中央)とイベントをPRする各団体の関係者やマスコットキャラクター=川崎市役所

多彩なイベントで川崎の秋を楽しもう-。川崎駅周辺をイベント一色に染める「フェスティバルなかわさき」が9月27日から11月30日までの約2カ月間、川崎・幸両区で繰り広げられる。今年は過去最多となる計19の企画がめじろ押しで、26日には関係者やマスコットキャラクターが市役所の福田紀彦市長を表敬訪問、「川崎をますますにぎやかにしたい」と意気込みを語った。

実行委員会は2007年に6団体で発足、期間中は150万人以上の来場者を見込む。

27日の「川崎競馬秋まつり」(川崎競馬場)と「プラチナ音楽祭」(ミューザ川崎シンフォニーホール)を皮切りに、「かわさき阿波おどり」(川崎駅東口)や「川崎みなと祭り」(川崎港周辺)と続き、秋の川崎を盛り上げる。「カワサキハロウィン」は10月26日に国内最大級の仮装パレードを開催。11月21日からの「モントルー・ジャズ・フェスティバル」がラストを飾る。今年初めてスマートフォンを使ったイベント紹介を導入した。

26日の表敬訪問には「いいじゃんかわさき」のマスコットキャラクター「福ちゃん」などが参加。実行委の猪熊俊夫代表は「『イベントの街・かわさき』と言えるくらいになった。期間中は、さらに素晴らしい川崎になる」とあいさつ。福田市長は「市民を巻き込んでみんなで盛り上げたい」と述べた。問い合わせは、かわさきTMO事務局電話044(211)4114。

【神奈川新聞】


シェアする