1. ホーム
  2. 社会
  3. 通勤・通学時にサザンの「希望の轍」 茅ケ崎駅メロに決定

通勤・通学時にサザンの「希望の轍」 茅ケ崎駅メロに決定

社会 神奈川新聞  2014年09月25日 03:00

JR東海道線茅ケ崎駅の発車メロディーが10月1日から、地元ゆかりの人気バンド・サザンオールスターズの名曲「希望の轍(わだち)」に変更されることが決まった。上り線にイントロ、下り線ではサビ部分が使用される。30日午前8時45分から同駅北口で行われる記念イベントで披露される。

多くのファンや観光客に足を運んでもらい、地元住民らにも茅ケ崎への愛着を持ってもらおうと、茅ケ崎商工会議所青年部のメンバーが企画。6月から署名活動を行い、企画の賛否を問うアンケートと合わせ、市内外から1万人以上の賛同を得た。今月4日、JR東日本に要望書を提出し、採用が決まった。

使用される楽曲は、「希望の轍」。2001年に同様の企画が別団体から発案された際、曲を選ぶ市民アンケートで1位になったことや、「エボシライン」といった地元らしい歌詞があることなどから、同商議所青年部が選んだ。

原和則会長は「感無量。多くの人々が協力的で、実現させることができた。あらためて、地元に密着したサザンのすごさも感じた」と喜びを話した。

【神奈川新聞】


シェアする