1. ホーム
  2. 社会
  3. 西太平洋で米軍機2機墜落 同型機が厚木飛来も

西太平洋で米軍機2機墜落 同型機が厚木飛来も

社会 神奈川新聞  2014年09月14日 03:00

米海軍は12日、原子力空母カール・ビンソンに所属する戦闘攻撃機FA18Cホーネット2機が西太平洋上で墜落したと発表した。パイロット1人が救助され、治療を受けている。別の1人は行方不明で駆逐艦などが捜索している。

米海軍のホームページによると、事故は西太平洋の現地時間12日午後5時40分に発生した。事故原因は調査中としている。現地の報道によると、ウェーク島の西方約470キロの海上という。

事故機の同型機は米海兵隊岩国基地(山口県)に配備され、米海軍厚木基地(大和、綾瀬市)にも飛来している。

【神奈川新聞】


シェアする