1. ホーム
  2. 政治行政
  3. ごみ有料化開始時期を4月1日に修正 鎌倉市が条例改正案を提出

ごみ有料化開始時期を4月1日に修正 鎌倉市が条例改正案を提出

政治行政 神奈川新聞  2014年09月09日 03:00

家庭系ごみの収集有料化の市議会審議が空転していた問題で、鎌倉市は8日までに、2015年1月15日からとしていた有料化開始時期を同4月1日と修正する条例改正案を開会中の市議会に提出した。これを受け、市議会は8日、条例改正案と併せて保留となっていた関連の補正予算案を審査する特別委員会の設置を決定。16日に審査する。

市は当初、今年7月からの実施を目指していたが、10月、来年1月と延期を重ねており、今回3度目の延期となった。

ごみ収集を有料化する改正条例は、6月市議会で賛成多数で可決された。しかし同時に提出されていた補正予算案は、総務常任委員会で中沢克之委員長の「委員長権限」により審査が行われないまま継続審査に。8月に再開された常任委でも、関連の行政訴訟が起こされたため再び審査を見送っていた。

燃やすごみの減量のため市は、家庭系ごみの戸別収集・有料化を導入する方針を表明している。しかし、市民負担が増えることや、将来整備する焼却施設の概要が確定していないことなどから、市民や市議会から根強い反発の声が上がっている。

【神奈川新聞】


シェアする