1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 下水道料金、引き上げへ 不祥事続き、苦言も 秦野市

下水道料金、引き上げへ 不祥事続き、苦言も 秦野市

政治行政 神奈川新聞  2016年12月03日 02:00

 公共料金の改定を巡り、秦野市の動きが“迷走”している。市は開会中の市議会第4回定例会に、下水道使用料を来年度から平均5%引き上げる条例改正案を提案。2日に委員会の同意を取り付けた一方、施設使用料を最大で2・5倍に引き上げる料金見直し案の提案は見送っている。背景には頻発する不祥事もあるようで、料金見直し案を「出せる環境ではなかった」との本音も漏れてくる。

 「引き上げ議案をスムーズに通すために、前もって公表しなかったのでは」

 4年ぶりとなる下水道料金の引き上げ(一般家庭で月額約95円増額)を審議した、2日の市議会環境都市常任委員会。審議に先立ち、ある市議はこう苦言を呈した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする