1. ホーム
  2. 社会
  3. 横須賀・猿島 来年4月から有料に

横須賀・猿島 来年4月から有料に

社会 神奈川新聞  2014年09月05日 03:00

来春から入園料が徴収される方向になった猿島
来春から入園料が徴収される方向になった猿島

◇自然や歴史遺産の保護費に

横須賀市は、同市猿島の無人島「猿島公園」の入園を来年4月に有料化する方針を決めた。自然環境や歴史遺産を保護するための費用確保などが目的。11月下旬に開会する第4回市議会定例会に関連する条例改正案を提出する。

4日の市議会都市整備常任委員会で報告した。有料化の方針は1年前の同委で表明。当時は今夏以降に実施する方針だったが、昨年8月に島内で起きた火災の影響で先送りになった。

来園者の意識を把握するため、今夏にアンケートを実施(回答者519人)。猿島の維持管理のため入園料を徴収する場合、「どの程度なら、また来たいと思うか」との質問に対し、100円が15・99%、200円が33・53%、300円が29・09%、無料が21・39%という結果だった。

8割弱が有料化を支持したことから、市は理解を得られると判断。料金を今後決定し、第4回定例会で提示する。徴収方法は、猿島航路の乗船券とのセット売りを検討している。

アンケートでは、来園者の属性や目的なども調査。年代は20代から40代が8割強で、5人以上での来園が5割弱。目的は海水浴が30・86%、バーベキューが28・65%、要塞跡見学が21・11%だった。

また、史跡見学をする来園者らの利用を見込み、売店の営業期間を夏季のみから通年にしたり、営業時間を夜間に拡大することなどを検討している。

【神奈川新聞】


シェアする