1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 県独自の制度創設「国の動向を注視」 給付型奨学金で黒岩県知事

県独自の制度創設「国の動向を注視」 給付型奨学金で黒岩県知事

政治行政 神奈川新聞  2016年12月02日 12:30

 黒岩祐治知事は1日、大学進学者を対象に、返済不要の給付型奨学金を支給する県独自の制度創設について、「国の動向を見ながら県としての対応を検討したい」と述べるにとどめた。同日の県議会第3回定例会本会議で、共産党の木佐木忠晶氏(横浜市鶴見区)の代表質問に答弁した。

 国が検討している給付型奨学金は、2018年度から本格導入する予定で、月額3万円を基準とする。県内では藤沢市が県内自治体として初めて、来年4月から独自の給付型奨学金制度をスタートさせ、三浦市も同様の方針を示している。


シェアする