1. ホーム
  2. 社会
  3. 災害食おいしいグランプリは? 横浜で防災フェア

災害食おいしいグランプリは? 横浜で防災フェア

社会 神奈川新聞  2014年08月25日 03:00

災害食グランプリも初開催された「横浜防災フェア2014」=横浜赤レンガ倉庫イベント広場
災害食グランプリも初開催された「横浜防災フェア2014」=横浜赤レンガ倉庫イベント広場

楽しみながら防災・減災を考える「横浜防災フェア2014」(横浜市など主催)が23、24の両日、横浜市中区の横浜赤レンガ倉庫イベント広場で開かれた。今年は「災害食グランプリ」を初開催し、試食した来場者の人気投票で、尾西食品(東京都港区)のアルファ米「松茸(まつたけ)ごはん」などがグランプリに輝いた。

日本災害食学会の後援を得て実施した災害食グランプリは、災害食の開発促進と消費者へのアピールが狙い。ごはん、総菜・レトルトなど5部門に15社から33製品が出品された。人気を集めたのは、日本人宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに持ち込んでいる尾西食品のアルファ米。水か湯を入れるだけだが、松茸ごはんを食べた来場者は「香りもしておいしい」と驚いていた。

フェアでは、ヘリコプターによる水難救助訓練や消防艇の放水訓練、はしご車のデモンストレーション、サバイバルカードの配布など多彩なイベントが繰り広げられ、多くの来場者でにぎわった。

グランプリ各部門の1位は次の通り。

【ごはん】松茸ごはん(尾西食品)【パン・麺・菓子】さぬきうどん(グッドフェイス)【総菜・レトルト】マジックライス梅じゃこ飯(サタケ)【缶詰・瓶詰・セット】玄米ご飯缶(稲荷堂本舗)【スープ・汁・飲料・その他】青汁(知価ビジネスプロデュース)

【神奈川新聞】


シェアする