1. ホーム
  2. 社会
  3. 「違法認識なかった」 無許可製造めぐり被告 3D銃地裁公判で

「違法認識なかった」 無許可製造めぐり被告 3D銃地裁公判で

社会 神奈川新聞  2014年08月22日 03:00

3Dプリンターで拳銃を製造したとして、武器等製造法違反(無許可製造)と銃刀法違反(所持)の罪に問われた川崎市高津区、無職の男(28)の公判が21日、横浜地裁(伊名波宏仁裁判長)で開かれた。初公判では審理されなかった武器等製造法違反罪について、同被告は起訴内容をおおむね認めた一方で、「違法だという認識はなかった」と述べた。

検察側は冒頭陳述で、米国で3Dプリンターを使って拳銃が作製されたことをインターネットで知り、日本にも製造の技術を持った人間がいることを伝えたいと思い、昨年9月ごろから銃の設計を始めたと指摘。自ら図面を作製したり、米国で設計された図面を基に同12月までの間に樹脂を使って拳銃2丁を製造したりしたとした。

検察側は捜査段階に作成された同被告の供述調書も読み上げ、被告が「他人を傷つけたり、売ったりするつもりはなかった。銃刀法に違反しないと勝手に判断してしまった」と述べていたことなどを明らかにした。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会