横須賀佐島・魚行商のおかみさんレシピ(11)
イカめし

フォロー・シェアボタン

神奈川新聞  2004年06月06日公開  

夏によく合うイカめし
夏によく合うイカめし

 今日は夏によく合い、見た目もかわいいイカめしを紹介します。

 (1)体長10センチほどのアカイカを用意し、足と内臓を取り除いて水洗いします。

 (2)【1】の皮を耳の方から胴体の方へとむきます。皮がむけたら、ペーパータオルで水気を拭き取ります。

 (3)鍋に水と少量の塩を入れ、沸騰してから【2】を入れ、2分ほどゆでます。

 (4)イカの中に詰めるご飯を2種類作ります。まずは、ユズの皮を細かくみじん切りにし、酢飯と混ぜ合わせます。

 (5)次に、大葉を細かくみじん切りにし、酢飯と混ぜ合わせます。

 (6)【4】と【5】をそれぞれ【3】の中に、少し多めにティースプーンで入れます。

 (7)【6】を二つに切ったら出来上がりです。暑いこの時期によく合い、さっぱりと頂けますよ。

 ゆでたイカは、他にもいろいろな楽しみ方があります。

 ゆで上がった【3】の状態のものを2センチほどに切り、マヨネーズかショウガじょうゆ、またはトウバンジャンであえてもおいしいです。

 ワケギとのぬた、またはキュウリとの酢の物でもおいしく召し上がれます。季節に応じてお楽しみください。


 <レシピ =福本 育代>
 <イラスト=福本 桃子>


シェアする