1. ホーム
  2. 社会
  3. 神奈川県内の振り込め詐欺 被害総額約24億円で最悪

神奈川県内の振り込め詐欺 被害総額約24億円で最悪

社会 神奈川新聞  2014年08月08日 03:00

神奈川県警のまとめによると、今年1~6月に県警が認知した振り込め詐欺は811件で被害総額は約23億7800万円だった。昨年同期より389件、約9億7千万円増え、過去最悪のペースだ。

医療費や保険料の返還を装う還付金詐欺は、10・5倍の210件。被害総額も9倍超の約2億3200万円で、全体の4分の1を占めた。県警によると、現金を受け取る側を装う文句により、被害者は警戒心の緩みにつけ込まれているとみられる。

一方、昨年同期には全体の9割を占めていたおれおれ詐欺は3分の2に縮小。ただ、被害は15億8600万円(昨年同期比3億4400万円増)と、依然として最多を占めている。

郵便や宅配便で現金を送らせる「送付型」は51件(同14件増)。全体の摘発は7件30人増え、132件78人だった。

【神奈川新聞】


シェアする