1. ホーム
  2. 社会
  3. リケジョの道 後押し 女子高生対象セミナー日大

リケジョの道 後押し 女子高生対象セミナー日大

社会 神奈川新聞  2014年08月06日 03:00

顕微鏡を使って微生物を観察する高校生たち
顕微鏡を使って微生物を観察する高校生たち

理系の世界を志す女子高生対象のセミナー「サイエンススクールforガールズ」が5日、藤沢市の日本大生物資源科学部で行われた。植物、動物、微生物、食品、環境の分野から計九つの体験メニューを用意。約120人が簡単な実習や実験に取り組んだ。

同学部男女共同参画推進委員会(委員長・熊谷日登美教授)の主催。女子高生が理系の道を選ぶ機会につなげようと、2011年に女性教員が企画して始まった催しで、翌12年からは男性教員も加わり多彩なメニューを提供している。

セミナーでは熊谷教授が「理系女性のキャリアデザイン」と題して講義。研究の魅力や家事・育児との両立のこつなどを自身の経験も交えて伝え、「十分に計画を練り前向きにチャレンジしてこそ、充実した人生になる」と力説した。

午後からは各メニューに分かれて実習。微生物のメニューでは、顕微鏡を用いて微生物研究の初歩の観察研究を体験、発酵食品に使われる酵母菌や麹菌(こうじきん)、乳酸菌など肉眼では見えない身近な微生物の姿をスケッチした。

都内から参加した高校1年の女生徒(15)は「生物学に興味があったので参加した。進路の参考になった」と喜んでいた。

【神奈川新聞】


シェアする