1. ホーム
  2. 社会
  3. 横浜地検が求刑放棄 無罪の公算大、調書偽造発覚の大麻事件で

横浜地検が求刑放棄 無罪の公算大、調書偽造発覚の大麻事件で

社会 神奈川新聞  2016年12月01日 02:00

 警察官による虚偽の調書作成が発覚した大麻取締法違反事件で、同法違反の罪に問われた男性被告(25)の公判が30日、横浜地裁(国井恒志裁判官)で開かれた。弁護側は虚偽の調書に基づき押収された大麻などの証拠排除を求めた上で、改めて無罪を主張。検察側は求刑を放棄し、無罪が言い渡される公算が大きくなった。

 論告で検察側は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする