1. ホーム
  2. 社会
  3. 「ワクチン療法」の研究責任者を公募 県立がんセンター

「ワクチン療法」の研究責任者を公募 県立がんセンター

社会 神奈川新聞  2014年08月01日 10:00

地方独立行政法人県立病院機構(横浜市中区)は、県立がんセンター(同市旭区)で取り組む「がん免疫療法」の研究開発部長を公募している。部長は、センター内に設置された「がんワクチンセンター」のセンター長を兼務し、「ペプチドワクチン療法」の研究責任者としての役割も担う。

同機構は、食道がんや膵(すい)がん、肺がんなどに対し、手術、化学療法、放射線に次ぐ「第4の治療法」として注目されるペプチドワクチン療法の臨床研究を進める方針を打ち出し、4月にワクチンセンターを新設した。

がんセンターは今後、高度な先端医療知識を有する公募の部長を中心に、がんワクチン治療の開発や臨床研究を加速させる考え。

応募資格は医師免許取得後19年以上で、英語論文実績が20編以上あることが条件。問い合わせは同機構本部事務局職員課、電話045(651)1233。

【神奈川新聞】


シェアする