1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 五輪キャンプを神奈川に 県と市町村の委員会発足

五輪キャンプを神奈川に 県と市町村の委員会発足

政治行政 神奈川新聞  2014年07月31日 03:00

2020年の東京五輪・パラリンピックに出場する各国選手らの事前キャンプ(合宿)を県内に誘致しようと、県と県内全市町村は30日、共同で「神奈川2020事前キャンプ誘致等委員会」を発足させた。黒岩祐治知事が委員長に就き、各市町村の首長らが委員として誘致活動を進める。

各国が大会前に行う事前キャンプは、出場選手が開催地の気候に体を慣らすために行われ、世界のトップアスリートと地域住民との交流なども期待される。

県内では市町村の体育館やプール、グラウンドなど100以上の施設が活用可能という。県は今秋にも日本語と英語の2カ国語に対応したパンフレットやホームページを作成し、各国大使館や国内の競技団体へのPR活動を展開する。

【神奈川新聞】


シェアする