1. ホーム
  2. 社会
  3. 銃刀法違反罪の被告に懲役6年 地裁支部判決

銃刀法違反罪の被告に懲役6年 地裁支部判決

社会 神奈川新聞  2014年07月25日 03:00

2月に平塚市内の路上で拳銃を所持して発砲したとして銃刀法違反罪に問われた同市、会社役員の男(44)の裁判員裁判の判決公判で、横浜地裁小田原支部(佐藤晋一郎裁判長)は24日、懲役6年(求刑懲役10年)を言い渡した。

判決によると、被告は2月5日午後10時半ごろ、平塚市四之宮の路上で拳銃1丁を所持し、1発を発砲するなどした。

佐藤裁判長は「個人的トラブルから威嚇目的で行われた事案だが、住宅が立ち並ぶ路上で、知人が乗る自動車の方向に向けて拳銃が発射されるという誠に危険性の高いもの」と述べた。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会