1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 市長と宮前区民が対話 車座集会全区一巡、9月以降も

市長と宮前区民が対話 車座集会全区一巡、9月以降も

政治行政 神奈川新聞  2014年07月24日 03:00

福田市長が区民らから意見要望を受けた区民車座集会=宮前区役所
福田市長が区民らから意見要望を受けた区民車座集会=宮前区役所

川崎市の福田紀彦市長は22日夜、市民から直接意見を聞き対話する「区民車座集会」を宮前区役所で開き、参加した29人から教育やまちづくりなど幅広い意見、要望が寄せられた。ことし1月に始まった車座集会は今回で市内全7区を一巡。福田市長は「今年度はこのスタイルで続けたい」とし、9月以降に再び各区で開催する意向を示した。

宮前区の会場では、市民が「拠点病院の聖マリアンナ医大病院へ(区内の拠点の)東急・鷺沼駅からバスが出ていない。公共交通によるアクセスが必要ではないか」と主張。福田市長は同区選出の県議だったこともあり「よく分かっている。最も重要な問題と思っている。これから宮前区は高齢化率が伸びる地域。病院に行くことが増える」と必要性に理解を示し、宮前区長と検討している現状を説明した。

市内南北を結ぶ川崎縦貫高速鉄道(地下鉄)計画についても質問があり、市長は「意義は重要な一方、今やるタイミングかと言えば今ではない。実行できる状況ではない」と従来の見解を繰り返した。

また市議会での請願採択を踏まえた「市立小・中学校全校に常駐の学校司書を配置してほしい」との要望には、「(配置校では)効果が上がっていると思う。財政的な裏付けや全体とのバランスの中で問題。努力したい」と述べた。車座集会は市長が昨秋の市長選で掲げた公約の一つ。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ブルーライン延伸、有力ルート案に市民意見募集へ 川崎市

  2. 横須賀市内で5900軒停電

  3. ロマンスカーにはねられ、女性死亡 厚木市内の踏切

  4. 「裏横浜」にようこそ 10月にツアー、参加者募集

  5. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  6. 【写真特集】台風15号の被害状況

  7. 破天荒が4連覇 相模原でよさこいイベント 45チームが熱演

  8. サーファー男性が溺れて死ぬ 鵠沼海岸

  9. 水没車引き上げ作業中に死亡 ワゴン車と乗用車に挟まれる

  10. 【台風15号】ボランティア活動開始 横浜の工業団地