1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 中高生連携し浜辺を清掃 辻堂海岸で

中高生連携し浜辺を清掃 辻堂海岸で

カルチャー 神奈川新聞  2014年07月20日 03:00

ごみを拾い集める生徒ら=辻堂海岸
ごみを拾い集める生徒ら=辻堂海岸

海水浴シーズンの本番を前に、藤沢市の辻堂海岸で18日、ボランティアの清掃活動が行われた。近くの市立高浜中学校生徒会の呼び掛けで企画。隣接する私立湘南工科大付属高校の生徒や地域住民も加わり、ごみ拾いに汗を流した。

地域貢献、海水浴客らの安全、学校連携の三つを目的に、生徒会の発案で2008年に初めて実施。09年5月の生徒総会で、夏休みに入る前日の恒例行事とすることが決まり、毎年行われている。

高浜中の生徒約400人と湘南工科大付高の生徒約300人のほか、教員や地域の住民ら総勢約750人が参加。県立辻堂海浜公園前の浜辺約500メートルに散らばり、1時間ほどをかけてペットボトルやレジ袋などを拾い集めた。

高浜中生徒会長で3年の男子生徒(14)は「辻堂海岸の夏は多くの人でにぎわう。けがなどしないよう、その危険性を少しでも取り除ければ」と話していた。

【神奈川新聞】


シェアする