1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 「聖地」の伝統受け継ぐ 平塚競技場に国立の座席設置

「聖地」の伝統受け継ぐ 平塚競技場に国立の座席設置

スポーツ 神奈川新聞  2014年07月09日 03:00

国立競技場から譲り受けた座席を取り付ける作業員ら
国立競技場から譲り受けた座席を取り付ける作業員ら

サッカーJ2の湘南ベルマーレの本拠地「ShonanBMWスタジアム平塚」(平塚競技場、平塚市大原)に、国立競技場から譲り受けた座席4819席が取り付けられている。

スタジアムの座席は1994年に改修して以来、20年がたち、劣化が目立っていた。譲られる座席は新しいものだと、3年ほどしか使用されてないという。

工事は6月29日から着手。座席裏に金具を取り付け、電動ドライバーでしっかりと鉄のポールに固定させる。細かい調整を含めて7月11日まで作業は続き、20日の対熊本戦でお披露目される予定。

【神奈川新聞】


シェアする