1. ホーム
  2. 経済
  3. 「質、非常にいい」 山北で足柄茶の品評会

「質、非常にいい」 山北で足柄茶の品評会

経済 神奈川新聞  2014年07月04日 03:00

足柄茶の味や香りなどを審査する品評会=県農協茶業センター
足柄茶の味や香りなどを審査する品評会=県農協茶業センター

足柄茶の品質向上を目指した品評会が3日、山北町川西の県農協茶業センターで行われた。相模原市や小田原市、秦野市などの農家58の個人・団体から出品され、19の個人・団体が受賞した。

品評会は約20年前から実施。受賞した農家の栽培手法を広め、産地全体として技術の向上を目指している。

同センターや県農業技術センターで茶の研究や普及などに取り組んでいる職員計8人が審査し、茶葉の見た目や湯を注いだ茶の味、香りを評価。形が細くそろっていて、光沢があるものなどをじっくり見極め、湯飲みの茶をスプーンですくって確かめた。

県農協茶業センターの男性職員は「今年は最適な時期に摘み取ることができた。品質が非常にいい」と評価していた。出品された茶葉58点は4日から6日まで茶業センター足柄茶直売所で展示される。

主な受賞者は次の通り(敬称略)。

▽優等 細谷善國(山北町)▽1等 籔田キヨ子(同)、細谷康子(同)

【神奈川新聞】


シェアする