1. ホーム
  2. 経済
  3. 綾瀬、ふるさと納税1億円 返礼品人気、当初の20倍

綾瀬、ふるさと納税1億円 返礼品人気、当初の20倍

経済 神奈川新聞  2016年11月28日 10:28

 綾瀬市は、本年度の「ふるさと納税」による寄付の見込み額を2100万円から1億円に修正すると発表した。9月に500万円から引き上げたばかりで、当初から20倍の伸びとなる。市内で盛んな農産業や製造業にちなんだ返礼品が、予想以上に人気を集めている。

 市は7月に返礼制度を始め、今月20日までに延べ676人計2902万円の寄付を受けた。寄付は年末にかけて集中する傾向にあり、さらに大幅に増えると判断。新聞の折り込みや雑誌に広告を掲載し、PRするつもりだ。

 1万~30万円の寄付額に応じ、59種類の返礼品を用意。市内企業産のチーズの詰め合わせや電子機器が、人気の上位を占める。古塩政由市長は「市内製品の魅力を伝え、中小企業振興につなげたい」と話した。

 市は寄付額を修正した一般会計補正予算案を29日開会の市議会定例会に提出する。ふるさと納税による他市町村への市税流出は、昨年度で1700万円だった。


シェアする