1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 歌声で被災地を支援 2015年1月、藤沢で祭典 合唱団メンバーを公募

歌声で被災地を支援 2015年1月、藤沢で祭典 合唱団メンバーを公募

カルチャー 神奈川新聞  2014年06月25日 03:00

「神奈川のうたごえ祭典」が来年1月、藤沢市内で初めて開かれることが決まった。65周年記念と銘打った祭典で、県民を対象に組織する合唱団のメンバーを公募している。レッスンは7月5日から始める。

この祭典は、戦後復興の活力にしようと1948年に東京で始まり、同年には神奈川へも波及。都道府県単位を基本に「うたごえ協議会」がつくられ、県内では5年に1度ほどのペースで催されている。

今回の藤沢の祭典は、東日本大震災の復興支援が主要テーマ。福島県南相馬市を題材にした曲「風を返して土を返して」や「アメージング・グレース」などを、100人程度の混声合唱で披露する。

また、子どもや初心者向けの合唱団も100人規模で組織する。こちらは「大地讃頌(さんしょう)」などなじみの曲を選んだ。前者の合唱団は7月5日から計13回(参加費5千円)、後者の合唱団は同20日から計11回(同3千円)、それぞれレッスンを予定している。

祭典では合唱のほか、和太鼓の演奏やマーチングバンド、ミュージカルなども企画されている。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  8. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  9. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  10. 【写真特集】台風15号の被害状況