1. ホーム
  2. 第18代ひょうたん娘が大井町の魅力PR

第18代ひょうたん娘が大井町の魅力PR

神奈川新聞  2014年06月21日 03:00

第18代ひょうたん娘に選ばれた渡部さん(左)と角田さん=大井町役場
第18代ひょうたん娘に選ばれた渡部さん(左)と角田さん=大井町役場

大井町のPRを担う「第18代ひょうたん娘」に決まった同町在住の専門学校生渡部瑞季さん(19)と、横須賀市の大学生角田千種さん(21)が20日、町役場を訪れ、それぞれ抱負を語った。

ひょうたん娘は、町商工振興会を中心とする「大井よさこいひょうたん祭」実行委員会が募集。町内外から8人が応募し、面接を行って審査した。8月2日に同町金子の町役場周辺で開催される同祭でデビューし、1年間、町内外のイベントなどで町の魅力を発信する。

渡部さんは、昨年のひょうたん娘に選ばれた姉・菜摘さんが活動する姿を見て、「私も地域の人と交流を深めて役に立ちたいと思った」と、応募の動機を話し、「モリモリ食べることが好き。農産物など旬な食べ物をPRしていきたい」と意気込んだ。

米国と台湾に留学経験がある角田さんは、「生まれ育った神奈川の地域活性化に貢献したい。外国人観光客にも積極的にPRしたい」と意欲を見せ、「大井町についてはこれから勉強していきたい」と話していた。

【神奈川新聞】


シェアする