1. ホーム
  2. 社会
  3. 「泥んこ気持ちいい」 親子が田植え体験 川崎市で

「泥んこ気持ちいい」 親子が田植え体験 川崎市で

社会 神奈川新聞  2014年06月15日 03:00

親子が協力して行った田植え体験=川崎市麻生区
親子が協力して行った田植え体験=川崎市麻生区

子どもたちに農業の大切さを知ってもらおうと、JAセレサ川崎は14日、川崎市麻生区黒川の水田で「集まれセレサキッズ ゴーゴー田植えレンジャー」を開催した。

セレサでは、小・中学校や地域と連携しながら食農教育事業に取り組んでおり、この日の田植え体験もその一環。体験場所の水田に隣接するセレサの大型農産物直売所「セレサモス」などで公募した小学生親子計89人が参加した。

参加者はセレサ職員から「苗は5本ずつ、筆と同じように持ち、しっかり植えるように」などと教わり、早速、水田へ。ぬかるみに足をとられながら、親子で協力し、等間隔にもち米の苗を植えていった。日ごろからセレサと交流がある明治大学「楽農4Hクラブ」のメンバーが作業を手伝った。

都内から母親と一緒に参加した小学3年の女子児童は、「泥んこがとっても気持ちいい。アメンボも泳いでいてかわいかった」と笑顔を見せた。

田植えレンジャーはこの後、生育状況と生き物観察、黒川散策(8月)、稲刈り体験(10月)、脱穀・もみすり体験(11月)と続き、12月の収穫祭でもちつきなどを行う。

【神奈川新聞】


シェアする