1. ホーム
  2. 社会
  3. 介護人材定着へ 26日に勤続表彰 相模原市

介護人材定着へ 26日に勤続表彰 相模原市

社会 神奈川新聞  2016年11月26日 02:00

 団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けて、介護人材の定着・確保を図ろうと相模原市は「次代を担う介護職員等勤続表彰」を新設。26日に同市中央区のあじさい会館で開かれる「さがみはら介護の日大会」で初の表彰式を行う。

 対象は40歳未満で、市内の介護サービス事業所で利用者に直接ケアを行っている介護職員、看護職員。今年10月1日現在で、同一法人で常勤として5年・10年・15年勤続の職員を各事業所が推薦した。勤続5年は34人、10年15人、15年5人の計54人となった。

 介護の日大会は、午前10時から高齢者支援センターの活動紹介や福祉機器・介護食品を展示、「介護に笑顔はよく似合う」写真展など。午後は表彰式や記念講演会が行われる。入場無料。


シェアする