1. ホーム
  2. カルチャー
  3. LUNA SEA 結成25年を1万3千人とお祝い

「神奈川が生んだ、暴れん坊」とSUGIZO
LUNA SEA 結成25年を1万3千人とお祝い

カルチャー 神奈川新聞  2014年05月30日 18:04

結成25年目を迎えたロックバンドLUNA SEA=29日、東京・国立代々木競技場第1体育館で
結成25年目を迎えたロックバンドLUNA SEA=29日、東京・国立代々木競技場第1体育館で

 29日に結成25年目を迎えたロックバンドLUNA SEAが同日、東京・国立代々木競技場第1体育館で記念公演を行った。ステージでは、大ヒット曲「ROSIER」など22曲を熱唱。ボーカルのRYUICHIは「素晴らしい仲間と町田で出会い、1人も欠けることなく集まれていることが本当に幸せ。2014年は僕らにとって祝いの年。新しいページ、新しい扉を開きます。みんなが驚くような世界を見せられると思う」とさらなる飛躍を誓っていた。

 結成25年の記念日。冒頭ではバンドが生まれた1989年から、その軌跡を追うように5人の写真がスクリーンに次々と映し出されていく。ビジュアル系の寵児(ちょうじ)として暴れていた当時の写真は、メークも衣装も激しく、観客がどよめく場面もあった。最後に「2014 5.29」の文字が浮かび上がると会場からステージへ、大きな拍手が送られた。

 ステージから客席へ。真っ白な光が幾重にものびる。光に満ちた空間に、ギター・バイオリンのSUGIZOが両腕を上げ姿を現した。ドラムの真矢、ベースのJ、ギターのINORAN、そしてRYUICHIがそれぞれの位置につくと、復活後初のアルバム「A WILL」の1曲目に収録した「Anthem Of Light」の演奏がスタート。まばゆい光の中で、笑顔を交わす5人は少年のようで、結成当時の熱が伝わってくるようだった。

 炎のようなSUGIZOのギターが印象的な「Rouge」では会場が燃え、RYUICHIが肩を揺らして踊りながら歌う「gravity」では客席も一緒になって左右に揺れた。「Providence」ではファンも手をタクトのように振りリズムを刻む。一体になった会場を見つめたRYUICHIは「LUNA SEAは、ここにいるみんながメンバー。一緒にライブをつくろう」と呼びかけ、共有する時間を確かめるようにうなずいていた。

 月が姿を隠した新月のこの日。「MOON」では、満月のようなミラーボールが会場を照らし、天井や壁に星のような光を生みだした。ミラーボールが回転していくと、広がる光は会場を宇宙のような空間で包み込んだ。幻想的な空間にフロアからは感嘆の声もあがっていた。

 1万3000人が歌う、「ハッピーバースデー」で迎えられたアンコール。Jは広がる光景を誇らしそうに見つめ、肩を組み登場したRYUICHIとSUGIZOは互いをねぎらった。音を紡いできた盟友たちをRYUICHIが、「秦野が生んだ宇宙一のきらめくドラマー、真矢」、「低音の貴公子。世界一クールなベーシスト、J」、「(この日の衣装に触れ)たぶんいま、宇宙で1番白いシャツが似合う、INORAN」、「宇宙で1番黒い、ギターのヘッドまで黒い、SUGIZO」と紹介していく。最後にSUGIZOが「神奈川が生んだ、暴れん坊将軍、最高のボーカリスト、RYUICHI!」と叫ぶと、RYUICHIは「みんなにずっと会いたかったよ。今年も、来年も突っ走っていく!」と右手を振り上げ気迫をみなぎらせていた。

 ライブ終了後はINORANが、「25年なんて信じられない。だけどこれからもよろしくな!」とあいさつ。Jは「またツアーで会おうぜ!」と手を振った。終演後、ファンからは、メンバーやスタッフ、関係者などの名前が刻まれたエンドロールに向かい、「RYUICHI、SUGIZO、INORAN、真矢、J、ありがとうーーー!!」と声が飛んでいた。

 LUNA SEAは大和市出身のRYUICHIと、秦野市出身のSUGIZO、真矢、INORAN、Jが1989年に結成し、92年にアルバム「IMAGE」でメジャーデビュー。「ROSIER」、「I for You」など数々のヒットを生み出してきた。2000年12月の“終幕”で活動を休止していたが、2010年8月、「REBOOT」と題した再始動後は、欧米やアジアなどで公演し、活動の幅を拡大。節目を迎えた今年、6月7日の千葉・松戸森のホール21を皮切りに16都市、32公演に及ぶ14年ぶりのホールツアーを展開していく。


 千葉から来た30代女性は、「RYUICHIさんが話していた新しい扉は不安だけど、期待の方が大きい」と8歳の娘と笑顔。胎教はLUNA SEAだったという女児は「SUGIZOのギターが大好き!」と飛び跳ねてよろこんでいた。

 98年ごろ、ライブ会場で知り合ったという福島・神戸・熊本などから来た女性グループは、「終幕してからは、連絡を取らずにいたこともあったけど、ライブがあると聞けば『行く?』と連絡を取ったり、同じように熱狂できる仲間がいることが幸せ」と感謝した。

 新潟から来た30代女性は、「私にとってLUNA SEAは先生で、友達で恋人。これからも夢を見せて欲しい」と話し、同じく新潟から来た友人の30代女性は「LUNA SEAの音楽、ライブ会場は私たちが戻る場所。思春期のど真ん中に出会ったから、終幕は深い傷になったけれど、大人になった5人に再会できて、信じる大切さを教わった。私たちが戻る場所を用意してくれたことに感謝しているし、私たちも5人がいつ帰ってきてもいいように、その場所を温めておきたい」と思いを込めていた。


ボーカルのRYUICHI(左)と、SUGIZO
ボーカルのRYUICHI(左)と、SUGIZO

ボーカルのRYUICHI
ボーカルのRYUICHI

ドラムの真矢
ドラムの真矢

ベースのJ
ベースのJ

ギターのINORAN
ギターのINORAN

ギター・バイオリンのSUGIZO
ギター・バイオリンのSUGIZO

結成25年目を迎えたロックバンドLUNA SEA=29日、東京・国立代々木競技場第1体育館で
結成25年目を迎えたロックバンドLUNA SEA=29日、東京・国立代々木競技場第1体育館で

ベストアルバム「LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best THE ONE」のジャケット
ベストアルバム「LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best THE ONE」のジャケット

ライブベストアルバム「NEVER SOLD OUT2」のジャケット
ライブベストアルバム「NEVER SOLD OUT2」のジャケット


シェアする