1. ホーム
  2. 社会
  3. 3Dプリンター銃製造 元大学職員を起訴 横浜地検

3Dプリンター銃製造 元大学職員を起訴 横浜地検

社会 神奈川新聞  2014年05月29日 03:00

3Dプリンターで製造されたとみられる拳銃が摘発された事件で、横浜地検は28日、銃刀法違反罪で、川崎市高津区、元大学職員の男(28)を起訴した。地検は認否を明らかにしていない。

また県警は近く、自宅の3Dプリンターで殺傷能力のある拳銃2丁を造ったとして、武器等製造法違反の疑いで、男を再逮捕する。

起訴状によると、男は4月12日、自宅で手製の拳銃2丁を所持した、とされる。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕