1. ホーム
  2. 社会
  3. 3Dプリンター銃製造 元大学職員を起訴 横浜地検

3Dプリンター銃製造 元大学職員を起訴 横浜地検

社会 神奈川新聞  2014年05月29日 03:00

3Dプリンターで製造されたとみられる拳銃が摘発された事件で、横浜地検は28日、銃刀法違反罪で、川崎市高津区、元大学職員の男(28)を起訴した。地検は認否を明らかにしていない。

また県警は近く、自宅の3Dプリンターで殺傷能力のある拳銃2丁を造ったとして、武器等製造法違反の疑いで、男を再逮捕する。

起訴状によると、男は4月12日、自宅で手製の拳銃2丁を所持した、とされる。

【神奈川新聞】


シェアする