1. ホーム
  2. 社会
  3. スマホで119番ウエブ通報 横須賀市など7月から バリアフリー化へ

スマホで119番ウエブ通報 横須賀市など7月から バリアフリー化へ

社会 神奈川新聞  2014年05月27日 03:00

横須賀、三浦、葉山の2市1町が運用を開始する緊急通報システムのイメージ
横須賀、三浦、葉山の2市1町が運用を開始する緊急通報システムのイメージ

横須賀市消防局は7月から、携帯電話やスマートフォンから文字情報で緊急通報ができるシステム「Web(ウェブ)119サービス」の運用を始める。三浦市、葉山町と共同で実施し、緊急時の通報のバリアフリー化を進める。

対象は、2市1町に在住、在勤、在学する聴覚障害者、言語障害者や音声による緊急通報に不安がある人など。

事前に登録した携帯電話などの端末から指令センターに通報し、まず自宅か外出先かを選択。外出先の場合は衛星利用測位システム(GPS)で位置情報を伝える。さらに火災や救急など通報の種別を選び、目標物などは文字対話機能(チャット機能)で伝える。

横須賀市と三浦市は消防指令のシステムを共同運用している。来年4月からは葉山町も加わる予定で、今回のWeb119は一歩先んじた形。同種のサービスは県内では横浜市、川崎市が導入している。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ブルーライン延伸、有力ルート案に市民意見募集へ 川崎市

  2. 横須賀市内で5900軒停電

  3. ロマンスカーにはねられ、女性死亡 厚木市内の踏切

  4. 「裏横浜」にようこそ 10月にツアー、参加者募集

  5. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  6. 【写真特集】台風15号の被害状況

  7. 破天荒が4連覇 相模原でよさこいイベント 45チームが熱演

  8. サーファー男性が溺れて死ぬ 鵠沼海岸

  9. 水没車引き上げ作業中に死亡 ワゴン車と乗用車に挟まれる

  10. 【台風15号】ボランティア活動開始 横浜の工業団地