1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 「地元の本気度まだまだ」 新幹線新駅誘致で黒岩知事が不満

「地元の本気度まだまだ」 新幹線新駅誘致で黒岩知事が不満

政治行政 神奈川新聞  2014年05月13日 03:00

「一番大事なことは、新駅を欲しいという思いが伝わるかどうかの本気度だと思うが、まだまだ十分ではない」。黒岩祐治知事は12日、「県東海道新幹線新駅設置促進期成同盟会」の総会でこう述べ、平塚市と寒川町を橋で結び新幹線新駅誘致を目指す「ツインシティ計画」の進展状況にあらためて不満を示した。

同会の会長としてあいさつした際の一幕。知事は、神奈川が国家戦略特区など三つの特区指定を受けた成果を強調する一方、なかなか進まない新駅誘致を「大きな課題」と表現した。

知事は、特区指定の要因を「熱意や情熱」と分析。これを引き合いに、新駅誘致の実現性や計画のメリットを疑問視する声が上がっている地元に対し、「地元から『本気になってやるんだ』というメッセージが出てこなければ、この難しい作業は前に進まない」と述べた。

【神奈川新聞】


シェアする