1. ホーム
  2. 会場彩る優美な浴衣、伊勢原の呉服店で市民らがモデルのショー

会場彩る優美な浴衣、伊勢原の呉服店で市民らがモデルのショー

神奈川新聞  2014年05月12日 12:03

浴衣を着て赤いランウエーを歩く参加者=伊勢原市伊勢原の「花呉装」
浴衣を着て赤いランウエーを歩く参加者=伊勢原市伊勢原の「花呉装」

着物の魅力を再発見し、親しんでもらおうと、小田急線伊勢原駅近くの呉服店「花呉装(はなごしょう)」(伊勢原市伊勢原)で11日、「浴衣ファッションショー」が行われた。地元市民らがモデルを務め、古風なものから現代風にアレンジしたものまで、優美な浴衣が会場を彩った。

同駅周辺はかつて、「大山詣で」の参詣者らでにぎわったことなどから、呉服店や衣装店などが集中していた。花呉装の數井利次課長(46)は「伊勢原は鎌倉に次いで神社仏閣の多いまち。そこに根付く呉服の文化を継承したい」と企画意図を話す。

昨年に続き2回目となったショーでは、浴衣にハンチング帽の小学生が恥ずかしげに歩いたかと思えば、大人の色香を備えた女性がしゃなりしゃなり。男女13人の市民モデルが赤いランウエーを進むと、会場は温かな拍手で包まれた。

初参加の伊勢原市のパート女性(39)は、「着物を着ると気持ちがしゃんとするし、日本人って感じがしていい」と笑顔。數井さんは「皆さん着物を着たくてもなかなか機会がない。これからもそのきっかけづくりをしたい」と語っていた。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ダム緊急放流、水位調節は実施されず 国交省、対応調査へ

  2. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  3. 【台風19号】記録的豪雨の箱根、被害甚大 芦ノ湖が増水

  4. 【台風19号】のり面崩壊、PAにも被害 西湘バイパス

  5. 電通局長を現行犯逮捕 ラグビー観戦後、警備員殴った容疑

  6. 【台風19号】箱根、深い爪痕 続く運休、芦ノ湖水位上昇

  7. ハマスタで長男投げつけた阪神ファン、書類送検

  8. 【台風19号】川に転落の男性、遺体で発見

  9. 【台風19号】浸水、水没、横転… 相模川沿岸、被害多発

  10. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ