1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 菅官房長官が指定都市市長らと懇談「思い受け止める」

菅官房長官が指定都市市長らと懇談「思い受け止める」

政治行政 神奈川新聞  2014年05月10日 02:59

全国20の政令指定都市でつくる「指定都市市長会」(会長・林文子横浜市長)と、政令市の取り組みを支援する超党派の国会議員でつくる「指定都市を応援する国会議員の会」(代表・菅義偉官房長官)による初の役員懇談会が9日、国会内で開かれた。

冒頭、菅氏は「官房長官就任後に代表を務めているのはこの会だけ。横浜市議を経て国政に出た私の目標も地方分権。皆さんの思いを受け止め、全力で頑張る」と述べ、バックアップを約束した。市長会側は大都市制度の早期実現や権限、財源の移譲などを要請した。

市長会からは福田紀彦川崎市長、加山俊夫相模原市長ら12人が出席。国会議員の会は役員11人が出席し、県内では菅氏のほか、みんなの党の浅尾慶一郎代表が出席した。

国会議員の会は2010年12月に設立され、現在超党派の衆参216人が加入している。

【神奈川新聞】


シェアする