1. ホーム
  2. 話題
  3. 中華街摩登

(52)横浜発「獅子舞大会」 全国初開催へ 


伝統行事「採青」を行う中国獅子舞=2月16日、横浜中華街
伝統行事「採青」を行う中国獅子舞=2月16日、横浜中華街

 横浜から、目指すは世界-。5月26、27日開催の「第1回全日本中国獅子舞大会」に向け、横浜中華街発展会協同組合(横浜市中区)が、インターネット上で資金を募るクラウドファンディング(CF)を実施している…続きを読む




(51)学んで案内、中華街の魅力 認定コンシェルジュ活躍 


ツアーで横浜中華街を案内する坂口さん(右から2人目)=横浜市中区
ツアーで横浜中華街を案内する坂口さん(右から2人目)=横浜市中区

 横浜中華街(横浜市中区)には、街の歴史や文化を学び、その魅力を発信しながらおもてなしをしようと活動する人たちがいる。「横浜中華街コンシェルジュ」だ。春節シーズンとしては初開催された…続きを読む






(50)インスタに思い出投稿 国内外の誘客狙い 


横浜中華街
横浜中華街

 横浜中華街発展会協同組合(横浜市中区)は、写真共有アプリ「インスタグラム」に、中華街の思い出写真を投稿してもらうキャンペーンを展開している。家族や友達、恋人と過ごした際の一枚のほか、お薦めの撮影スポット、食べたり飲んだりした物など、中華街が連想できる写真であればOK…続きを読む




(49)「春節」獅子舞勇壮に 


春節を祝う勇壮な「採青」に歓声が上がった =横浜中華街
春節を祝う勇壮な「採青」に歓声が上がった =横浜中華街

 中華圏の旧正月「春節」を迎えた16日、横浜中華街(横浜市中区)は祝賀ムードに包まれた。爆竹や太鼓の音が鳴り響く中、中国獅子舞による伝統行事「採青(サイチン)」が行われ、大勢の観光客らが、にぎやかな正月の雰囲気を楽しんだ…続きを読む




(48)案内人と楽しむ「春節」 


横浜中華街コンシェルジュの案内の下、街歩きを楽しむ人たち(横浜中華街発展会協同組合提供)
横浜中華街コンシェルジュの案内の下、街歩きを楽しむ人たち(横浜中華街発展会協同組合提供)

 中国の旧正月「春節」(今年は2月16日)でにぎわう中華街を満喫してもらおうと、横浜中華街発展会協同組合(横浜市中区)が、春節限定のツアーを企画した。資格試験を経て認定され、街の歴史や食文化を知り尽くす「横浜中華街コンシェルジュ」とともに、街歩きや食事を楽しむもので……続きを読む




(47)上海ガニの季節到来 33店舗の味堪能を 


旬を迎えた上海ガニ。中華街では今月末までフェアを開催している=横浜市中区
旬を迎えた上海ガニ。中華街では今月末までフェアを開催している=横浜市中区

 横浜中華街(横浜市中区)に、上海ガニの季節が到来した。横浜中華街発展会協同組合(李宏道理事長)は今月末まで、「上海蟹フェア」を開催中。姿蒸しや紹興酒漬けなど……続きを読む




(46)若手育成で街を活性化 「今こそ、原点に立ち返るべき」 


横浜華僑総会会長に就任し、中華街活性化に意欲を示す王さん=横浜市中区
横浜華僑総会会長に就任し、中華街活性化に意欲を示す王さん=横浜市中区

 横浜中華街の老舗上海料理店「三和楼」(横浜市中区)を営む王忠福さん(47)が、横浜華僑総会の会長に就任した。3期6年にわたり会長職を務めた「謝甜記」の謝成發さんから、バトンを譲り受けた……続きを読む






(45)伝えたい味の文化 来日28年の馬さん 街の発展願い料理教室を主宰 


親子を対象にした料理教室で講師を務める馬さん(左)=横浜市中区(横浜中華街発展会協同組合提供)
親子を対象にした料理教室で講師を務める馬さん(左)=横浜市中区(横浜中華街発展会協同組合提供)

横浜中華街(横浜市中区)で、中国料理の普及に尽力する女性がいる。馬(マ)双喜(ソウキ)さん(57)。上海家庭料理の2店舗と点心の土産店を構えるほか、中華街で唯一の料理教室「馬クッキングスクール」を主宰する……続きを読む




(44)四川、福建、上海…食べ歩き 6月4日まで 横浜中華街発展会協同組合(横浜市中区)は3日から6月4日まで「美食節 横濱中華街フードフェスティバル」を開催する。10回目となる今回は、26店舗が参加し中国郷土料理フェアを展開……続きを読む




(43)定休日は子ども食堂 本格料理で「笑福」に 街ぐるみで運営、食材提供も 


毎月第2・第4水曜夜に営業する「キッズレストラン笑福」=横浜市中区山下町
毎月第2・第4水曜夜に営業する「キッズレストラン笑福」=横浜市中区山下町

8日午後5時。開店と同時に、小さい子ども連れの母親たちが、続々とやって来た。 横浜中華街・広東会館(横浜市中区山下町)向かいの中華料理店。定休日の水曜夜は「キッズレストラン笑福」となる。客は、子どもと付き添いの大人のみ。料金は、食べた人が決めて募金箱に……続きを読む




(42)獅子舞と龍舞披露 元街小2年生 


太鼓やドラに合わせて、中国獅子舞を披露する元街小の2年生=横浜市中区
太鼓やドラに合わせて、中国獅子舞を披露する元街小の2年生=横浜市中区

横浜市立元街小学校(中区、藤村幸秀校長)の2年生児童86人が7日、横浜中華街の山下町公園で、中国の伝統芸能・獅子舞と龍舞を披露した……続きを読む




(41)春節限定スイーツ 


春節期間限定の甜年糕(左)と八宝飯=重慶飯店第一売店
春節期間限定の甜年糕(左)と八宝飯=重慶飯店第一売店

中華圏の旧正月「春節」を迎え、一層のにぎわいを見せる横浜中華街(横浜市中区)。この時期ならではの「食」に着目した。 中国北部では、旧正月に水ギョーザを食べる風習があるという……続きを読む






(40)心一つ「龍舞」練習 春節に向け横浜中華保育園児 


春節に向け、龍舞の練習に励む横浜中華保育園の園児と謝さん(右) =横浜市中区山下町
春節に向け、龍舞の練習に励む横浜中華保育園の園児と謝さん(右) =横浜市中区山下町

今月28日は、中華圏の旧正月「春節」。横浜中華街は祝賀ムードに包まれる。花を添えるのが、横浜中華保育園(横浜市中区山下町)の園児たち。今年も、横浜中華街発展会協同組合主催の賀詞交換会で、中国の伝統芸能「龍舞」を披露する予定だ……続きを読む




(39)自慢の一品を味わおう 「美食節」開催中 横浜中華街(横浜市中区)で、食の祭典「美食節」が開催されている(30日まで)。19、20の両日は初企画「チャイナ・ガーデン」を実施。……続きを読む




(38)集客増へHP充実に注力 【公式】加筆で信頼強化


にぎわう横浜中華街。発展会は一層の集客へHPの充実に努める=横浜市中区
にぎわう横浜中華街。発展会は一層の集客へHPの充実に努める=横浜市中区

 横浜中華街発展会協同組合(横浜市中区)が、ホームページ(HP)の充実に力を注いでいる。横浜中華街は全国から注目を集める観光地であるがゆえ、さまざまなサイトが存在する。……続きを読む



(37)横濱華僑写真展 街の歴史、次世代に


「写真展が中華街の人々の交流の場になってよかった」と語る周さん
「写真展が中華街の人々の交流の場になってよかった」と語る周さん

 横浜中華街で今月1~10日に開催された「横濱華僑写真展」。戦前・戦後の中華街で暮らす人々の生活を切り取った写真約100点が並べられた。……続きを読む



(36)台湾伝統の人形劇で「水滸伝」


軽快な動きで観客を魅了した台湾人形劇=横濱媽祖廟
軽快な動きで観客を魅了した台湾人形劇=横濱媽祖廟

 台湾人形劇が1日、横浜中華街(横浜市中区)の横濱媽祖廟(まそびょう)で開かれた。台湾の劇団「弘宛然(こうえんぜん)古典布袋戲(ほていぎ)団」が演じ、観光客らは珍しい出し物に興味津々だった。……続きを読む



(35)ラー博まで徒歩1時間59分


ラーメン博物館が設置したユニークな看板=横浜中華街
ラーメン博物館が設置したユニークな看板=横浜中華街

  「ここから、徒歩1時間59分」-。横浜中華街東門(横浜市中区)付近に、新横浜ラーメン博物館(同市港北区)のユニークな看板が登場し、話題を呼んでいる。……続きを読む



(34)中国各地の郷土料理を食べ比べ


一楽の例湯
一楽の例湯

 おふくろの味や賄い料理などとして横浜中華街でひそかに食べられている、中国各地方の郷土料理を紹介するフェア「家常菜(チャージャンサイ)の競演」が21~29日に開かれる。24店舗が参加し、日頃なかなか出合えない味を披露する。横浜セントラルタウンフェスティバル(Y157)の一環。……続きを読む



(33)ごみルール呼び掛けるポスター


中華街内のごみ集積場所に貼られた啓発イラストを制作したみなと総合高美術部員=横浜市中区
中華街内のごみ集積場所に貼られた啓発イラストを制作したみなと総合高美術部員=横浜市中区

 美しい横浜中華街を守ろうと、中華街内にある横浜市立みなと総合高校(同市中区)の美術部員が、ごみ出しルールの順守を呼び掛ける特殊なポスターを制作した。エリア内の家庭ごみ集積場所6カ所の路面に掲示し、収集日以外のごみ出しをしないよう中国語と日本語で呼び掛けている。……続きを読む



(32)60年記念し和食と洋食コラボ


フカヒレ白湯煮込みをフォアグラフランに載せた特別メニュー
フカヒレ白湯煮込みをフォアグラフランに載せた特別メニュー

 横浜中華街の上海料理の老舗「状元楼」が創業60周年を迎えた。創業から3代にわたって女性が経営を担い、入れ替わりの激しい中華街大通りで店を守ってきた。支えてくれた横浜の人々に感謝を込めて、フランス料理や和食の名店とコラボレーションした“横浜版卓袱(しっぽく)料理”を企画している。……続きを読む



(31)「春節」で華僑融け合い30年


店舗の軒先につるされた赤い祝儀袋を獅子がくわえとる「採青(サイチン)」を一目見ようと大勢の観光客が詰め掛けた=2016年2月(映像編集部撮影)
店舗の軒先につるされた赤い祝儀袋を獅子がくわえとる「採青(サイチン)」を一目見ようと大勢の観光客が詰め掛けた=2016年2月(映像編集部撮影)

 横浜には正月が2回来る-。そう言われるほどに親しまれている横浜中華街の旧正月「春節」。ことしも8日の春節には多くの観光客が詰め掛けるだろう。横浜中華街発展会協同組合の主催で現在のような大型行事になってからことしで30周年。華僑は伝統を継承し、観光客も楽しめる「横浜中華街独自の文化」として発展を遂げている。……続きを読む



(30)スタバ外壁にコーヒードラゴン


「歓迎」の大きな文字が出迎えるスターバックスコーヒー横浜チャイナタウン店=横浜市中区
「歓迎」の大きな文字が出迎えるスターバックスコーヒー横浜チャイナタウン店=横浜市中区

 スタバも歓迎-。横浜中華街朝陽門(東門)脇にあるスターバックスコーヒー横浜チャイナタウン店(横浜市中区)の外壁画が人気を呼んでいる。中国の伝説的動物である竜を、コーヒーにまつわるデザインで描き、「スタバと地域とのつながりを表現した」と同社広報は話している。……続きを読む


(29)ムスリム客安心のお店オープン


ハラル認証マークのついた鶏肉などを使用し、ムスリムにも人気の「マレーアジアンクイジーン」=横浜市中区
ハラル認証マークのついた鶏肉などを使用し、ムスリムにも人気の「マレーアジアンクイジーン」=横浜市中区

 東南アジアなどの経済成長を背景に、イスラム教徒(ムスリム)の訪日外国人客が増えている。横浜中華街でも「ハラル」と呼ばれるイスラムの戒律にのっとった食材を使うレストランがオープンし、中華料理店向けのハラル研修会も行われるなど、熱い視線が注がれている。……続きを読む



(28)華僑3世が外国人の就労を支援


ハローワーク横浜で外国人の就職相談に当たっている李艶薇さん=横浜市中区
ハローワーク横浜で外国人の就職相談に当たっている李艶薇さん=横浜市中区

 景気回復を背景に、神奈川県内でも外国人労働者が増えている。ハローワーク横浜(横浜市中区)の外国人雇用サービスコーナーでは、横浜中華街で育った華僑3世の李艶薇(えんび)さん(53)が、職業相談員として外国人求職者の相談に当たっている。……続きを読む



(27)唯一の東北料理店 故郷を思う


人気メニューの「醤大骨」(奥)と「毛血旺」を紹介する張青さん=横浜市中区の東北人家
人気メニューの「醤大骨」(奥)と「毛血旺」を紹介する張青さん=横浜市中区の東北人家

 約230店もの中華料理店が軒を連ねる横浜中華街にあって、「東北人家」は唯一、中国東北部(旧満州)の郷土料理専門店。店内には中国人客のにぎやかな会話がいつも飛び交い、味も雰囲気も本場そのものだ。……続きを読む



(特報)新華僑増加と新チャイナタウン


観光地の横浜中華街にも新華僑の生活を支える店が増えている=横浜市中区
観光地の横浜中華街にも新華僑の生活を支える店が増えている=横浜市中区

 新華僑の流入が勢いを増している。横浜中華街でも新華僑が経営する店舗が増え、その暮らしを支える生鮮食料品なども目立ち始めた。東京・池袋には生活や情報の拠点も形成されつつある。……続きを読む



(26)中秋の名月、月餅の中にも満月


塩漬け卵黄を満月に見立てた中秋月餅=横浜市中区の翠香園
塩漬け卵黄を満月に見立てた中秋月餅=横浜市中区の翠香園

 27日は中秋の名月。中国では中秋節と呼び、月餅を食べながらお月見をする。横浜中華街でも、この時期限定の中秋月餅が店頭をにぎわせている。……続きを読む

(25)おむつ替えスペース無料で提供


おむつ替えコーナーやキッズスペースを備えた親子サロンを開設した堀川さん =横浜市中区山下町
おむつ替えコーナーやキッズスペースを備えた親子サロンを開設した堀川さん =横浜市中区山下町

 小さな子どもを連れて横浜中華街を訪れる観光客をサポートしようと、親子サロン「Will Fun」が延平門(横浜市中区山下町)近くにオープンした。これまで中華街にはあまりなかった授乳室やおむつ替え用のベッドなどが無料で利用できる。……続きを読む



(24)連ドラ舞台 活気づく市場通り


連続テレビ小説「まれ」でヒロインの下宿先がある横浜中華街。市場通りにはポスターを貼る店も多い=横浜市中区
連続テレビ小説「まれ」でヒロインの下宿先がある横浜中華街。市場通りにはポスターを貼る店も多い=横浜市中区

 現在放映中のNHK連続テレビ小説「まれ」は、横浜でパティシエ修業をするヒロインの成長物語。ヒロインの下宿先として設定されている横浜中華街も、にわかに活気づいている。……続きを読む



(23)ミシュランガイド初掲載のお店


「水餃子はもちろん焼き餃子もおすすめ」と話す山東オーナーの李家蘭子さん=横浜市中区
「水餃子はもちろん焼き餃子もおすすめ」と話す山東オーナーの李家蘭子さん=横浜市中区

 世界23カ国で発行されているレストランや宿泊施設の格付け本「ミシュランガイド」。日本でも2007年に初めて東京版が出て、横浜のレストランも10年から対象とされてきたが、なぜか食の街・横浜中華街からは掲載店がなかった。……続きを読む



(22)横浜野菜の地産地消で交流促進


横浜野菜を使った軽食を食べながら横浜中華街での地元野菜の活用策を探った交流会=横浜市開港記念会館
横浜野菜を使った軽食を食べながら横浜中華街での地元野菜の活用策を探った交流会=横浜市開港記念会館

 食の街・横浜中華街で地元野菜の活用を広める「はま華プロジェクト」がスタートした。横浜の地産地消の案内役を務める「はまふぅどコンシェルジュ」と中華街関係者が交流を深めながら、地産地消の推進に向けて活動を展開する。……続きを読む



(21)いいね!毎月3万件 共感の輪


気になる店や風景をスマートフォンなどで撮影し、横浜中華街のFBに投稿している益田さん=横浜市中区
気になる店や風景をスマートフォンなどで撮影し、横浜中華街のFBに投稿している益田さん=横浜市中区

 今や観光地にとって欠かせない広報手段であるフェイスブック(FB)。横浜中華街にも公式FBがある。担当しているのは横浜市中区の編集プロダクション「エムプロジェクト」代表取締役の益田典彦さん(49)だ。……続きを読む

(20)東京五輪見据えおもてなしに力


欧米でもなじみのある中華料理を集めたメニューカードを手にする王子恵真さん=横浜市中区の北京飯店
欧米でもなじみのある中華料理を集めたメニューカードを手にする王子恵真さん=横浜市中区の北京飯店

 横浜中華街には海外からの観光客も多い。近年は中国本土からはもちろん、英語圏の観光客も増えている。5年後の東京五輪も見据え、外国人に人気のメニューをそろえたり、英語の観光マップを用意したりして、おもてなしに力を入れている。……続きを読む



(19)団体で円卓囲む→少人数に変化


若者の姿が目立つようになった横浜中華街=横浜市中区
若者の姿が目立つようになった横浜中華街=横浜市中区

 横浜中華街(横浜市中区)で休日の若年層の来街者が増えている。横浜中華街街づくり団体連合協議会の調査で新しい傾向が明らかになった。交通手段では初めてみなとみらい(MM)線がJRを上回ってトップに立ち、……続きを読む



(18)春節祝う伝統料理で幸せを祈る


(右上から時計回りに)干し肉、五目野菜煮込み、大根餅、水餃子の正月料理を紹介する曽さん=菜香新館
(右上から時計回りに)干し肉、五目野菜煮込み、大根餅、水餃子の正月料理を紹介する曽さん=菜香新館

 中国の旧正月「春節」。横浜中華街ではこの季節、中国の伝統的な正月料理を楽しめる店も多い。……続きを読む



(17)600店の料理検索アプリ誕生


現在地からお目当ての店までの経路案内もある横浜中華街公式アプリ
現在地からお目当ての店までの経路案内もある横浜中華街公式アプリ

 スマートフォンで中華街のお店選びを-。横浜中華街発展会協同組合はスマートフォン用の公式アプリを1月から開始した。中華街内の約600店舗を料理の種類などから簡単に検索でき、アプリ限定のクーポンやイベントもある。……続きを読む



(16)天空に神様が集まる旧暦参拝日


天空に神様が集まるとされる旧暦参拝日は、特に多くの人でにぎわう関帝廟=横浜市中区
天空に神様が集まるとされる旧暦参拝日は、特に多くの人でにぎわう関帝廟=横浜市中区

 横浜中華街のシンボル「横浜関帝廟(びょう)」。1862年にある中国人がほこらを開いたのが始まりとされる。3度の焼失を乗り越え、1990年に4代目として再建された現在の廟から通りに面した開放的な場所に移り、多くの観光客が気軽に足を運ぶようになった。……続きを読む

(15)関帝廟の歴史 3年かけ一冊に


関帝廟の鎮座150周年を記念し、その歴史や行事などをまとめた「関帝廟と横浜華僑」
関帝廟の鎮座150周年を記念し、その歴史や行事などをまとめた「関帝廟と横浜華僑」

 華僑の心のよりどころである横浜中華街の「関帝廟(びょう)」の歴史をまとめた記念誌「関帝廟と横浜華僑」が出版された。……続きを読む



(14)「美食節」で点心食べ比べ企画


各店の自慢の逸品が並んだ点心品評会の会場 =横浜市中区
各店の自慢の逸品が並んだ点心品評会の会場 =横浜市中区

 横浜中華街の食の魅力を広めたいと、ショウロンポウなどの点心を食べ比べできる催し「点心品評会」が9日、中華街パーキング(横浜市中区)で開かれた。……続きを読む



(13)教科書は華僑社会を映し出す鏡


これまでに保管してきた華僑用教科書を公開する符さん=横浜市中区の「寺子屋」
これまでに保管してきた華僑用教科書を公開する符さん=横浜市中区の「寺子屋」

 横浜山手中華学校(横浜市中区)で長く小学校教諭を務めた符順和(ふじゅんわ)さん(70)が、同校で使われてきた教科書を紹介する展示会を15日、横浜中華街・地久門近くの塾「寺子屋」で開く。……続きを読む



(12)公式ホームページ5年ぶり刷新


5年ぶりにリニューアルした横浜中華街の公式ホームページ
5年ぶりにリニューアルした横浜中華街の公式ホームページ

 中華料理店をはじめ約600店舗が集積する横浜中華街。観光の際に「横浜中華街オフィシャルホームページ(HP)」を見たことがある人は多いだろう。月平均100万回の閲覧を誇るこのHPが11月、5年ぶりにリニューアルする。……続きを読む



(11)口コミで人気「裏メニュー」


東園の裏メニュー「ダールーメン」
東園の裏メニュー「ダールーメン」

 横浜中華街には約230店舗もの中華料理店が連なるが、そのほとんどが家族経営だ。一家総出で店を切り盛りし、休憩時間にはコックがありあわせの食材でまかない料理を振る舞う。……続きを読む

(10)ハーフサイズ食べ歩きクーポン


手掛けた「ハオツークーポン」でハーフサイズの水餃子などを楽しむ竹本さん(左)と陣さん=横浜市中区の大福林
手掛けた「ハオツークーポン」でハーフサイズの水餃子などを楽しむ竹本さん(左)と陣さん=横浜市中区の大福林

 食の街、横浜中華街。食欲の秋を堪能してもらおうと、2009年からこの季節に展開しているのが「美食節」だ。昨年からは新たに、各店舗の人気メニューをハーフサイズで食べられる事前購入制のクーポン「ハオツークーポン」を導入した。……続きを読む



(9)門外不出の技 共有し切磋琢磨


「故宮博物院展」にちなんだ豚肉メニューを披露し、調理法について情報交換する木暮さん(左)と朱さん=重慶飯店別館
「故宮博物院展」にちなんだ豚肉メニューを披露し、調理法について情報交換する木暮さん(左)と朱さん=重慶飯店別館

 約230店もの中華料理店が軒を連ねる横浜中華街。コックにとって店ごとの味付けは門外不出だが、交流を通じて互いに技術を高め合おうとする動きも出てきた。……続きを読む



(8)鑑定所続々 記者も占ってみた


若い女性を中心に人気を呼んでいる手相占い=鳳占やかた市場通り鑑定所
若い女性を中心に人気を呼んでいる手相占い=鳳占やかた市場通り鑑定所

 「30歳ごろまでは多くの出会いがあるでしょう」 横浜中華街の「鳳(ほう)占(うらない)やかた」。友人とともに手相占いに訪れた横須賀市の女性会社員(26)は、鑑定士の説明にほっとした表情を浮かべた。……続きを読む



(7)和風小物人気 売れ筋は富士山


外国人観光客が増加し、中華街で和風小物を販売する店も。世界遺産に登録された富士山モチーフは人気商品の一つだ=横浜市中区山下町の「倭物やカヤ」
外国人観光客が増加し、中華街で和風小物を販売する店も。世界遺産に登録された富士山モチーフは人気商品の一つだ=横浜市中区山下町の「倭物やカヤ」

 中国の伝統的な装飾を凝らした牌楼(パイロウ)(門)や中華料理店が並び、「中国より中国らしい」と賞される横浜中華街で今、和風小物が売れているという。……続きを読む



(6)横浜らしさ詰め込みロケ弁人気


早朝からロケ弁作りに励む李清勇さん=横浜中華街の「鳳林」
早朝からロケ弁作りに励む李清勇さん=横浜中華街の「鳳林」

 北京料理店「鳳林」の朝は早い。ランチタイム前に「ロケ弁」の仕込みがあるからだ。週3~4回、それぞれ50~100個の弁当の注文を受ける。県内のロケ地はもちろん、東京・お台場などテレビ局の多い都内にも向かう。……続きを読む

(5)幻のピアノ、横浜開港資料館に


周シュクブンさんが奏でる周ピアノに耳を傾ける寄贈者の松尾さん(左端)と調律師の川本さん(後列右端)ら=横浜開港資料館
周シュクブンさんが奏でる周ピアノに耳を傾ける寄贈者の松尾さん(左端)と調律師の川本さん(後列右端)ら=横浜開港資料館

 1910年代から横浜中華街で約300台製造されたものの、現在はほとんど残っておらず“幻のピアノ”と呼ばれる「周ピアノ」。ほぼ製造当時の部品のままの貴重な周ピアノが横浜開港資料館(横浜市中区)に寄贈された。……続きを読む



(4)賄いカレー ひそかなブームに


人気のカレーをPRする龍鳳酒家店長の梁瀬郁瑛さん=横浜市中区山下町
人気のカレーをPRする龍鳳酒家店長の梁瀬郁瑛さん=横浜市中区山下町

 横浜中華街といえば中華料理だが、近年ひそかなブームとなっているのがカレー。中華街ならではの食材の組み合わせが人気で、10店舗以上が提供している。……続きを読む



(3)獅子舞は華僑の心 伝承に情熱


伝統文化講師として高校生らに獅子舞を教える謝さん(左端)=横浜中華学院
伝統文化講師として高校生らに獅子舞を教える謝さん(左端)=横浜中華学院

 「太鼓は手で打つんじゃない。体全体で打つんだ」 横浜中華街内の横浜中華学院(横浜市中区山下町)。校庭で獅子舞の練習に励む高校生らに伝統文化講師を務める謝賢栄さん(46)のげきが飛ぶ。……続きを読む



(2)新規参入増え目立つマナー違反


中華街大通りの善隣門近くでビラ配りや客引きをしているアルバイト男性(左端)に注意する発展会関係者と加賀町署員=横浜市中区山下町
中華街大通りの善隣門近くでビラ配りや客引きをしているアルバイト男性(左端)に注意する発展会関係者と加賀町署員=横浜市中区山下町

 「食べ放題どうですか?」。4月下旬の平日午後1時。ランチ客でにぎわう横浜中華街・善隣門下では、食べ放題店の男性アルバイト数人が観光客にビラを配り、客引きに忙しい。……続きを読む



(1)MM線・渋谷駅直結で客層変化


MM線開通で増えた若年層のニーズにマッチし、売り上げを伸ばしている手のひらサイズの肉まん=皇朝中華街大通り店
MM線開通で増えた若年層のニーズにマッチし、売り上げを伸ばしている手のひらサイズの肉まん=皇朝中華街大通り店

 横浜中華街(横浜市中区山下町)善隣門の脇。黄色い看板が目をひく「皇朝」には、カップルや修学旅行の学生らの列が絶えない。お目当ては手のひらサイズの肉まんだ。……続きを読む


シェアする