1. ホーム
  2. 【沿線さんぽ@江ノ電】鎌倉文学館

【沿線さんぽ@江ノ電】鎌倉文学館

神奈川新聞  2014年04月30日 13:14

朝の庭で眺める季節の花々

鎌倉ゆかりの文学者の著書や原稿、愛用品を展示。旧前田侯爵家の別邸だった本館(国の登録有形文化財)は風趣に富み、その前には四季折々の花が咲く庭園が広がる。

庭園の南側にあるバラ園では、「鎌倉」や「春の雪」「静の舞」など約190種230株のバラが楽しめる。春の見頃は5月中旬~6月下旬。他にもオオムラサキ(4月下旬~5月)やハナミヅキ(4月下旬~5月)、エゴノキ(5月下旬~6月)、シモツケ(5~8月)などこれから見頃を迎える花は多い。

ゆったり散策を楽しみたい場合、来館者が比較的少ない開館直後に訪れるのがお薦め。


シェアする