1. ホーム
  2. 社会
  3. 災害予測や被害軽減の研究成果を発表 横浜で初の地球惑星科学連合大会

災害予測や被害軽減の研究成果を発表 横浜で初の地球惑星科学連合大会

社会 神奈川新聞  2014年04月29日 03:00

地震関連の発表が数多く行われた日本地球惑星科学連合大会=横浜市西区のパシフィコ横浜
地震関連の発表が数多く行われた日本地球惑星科学連合大会=横浜市西区のパシフィコ横浜

地震や火山、気候、宇宙、生物などの専門家が国内外から集う日本地球惑星科学連合大会が28日、横浜市西区のパシフィコ横浜で開幕した。横浜では初の開催で5月2日までの期間中、災害の予測や被害軽減、環境問題の解決などにつながる研究成果の発表や討論が行われる。4月29、30日には一般向けの無料講演もある。

学術団体である同連合の年1回の大会はこれまで、千葉市の幕張メッセで催されてきた。口頭とポスターによる発表が4千件近くに上り、会場が手狭になってきたことなどから横浜での開催となった。

地震関連の発表は発生の仕組みや活断層、予知、歴史地震など多岐にわたっており、28日は海溝型巨大地震をテーマに数多くの発表があった。

名古屋大減災連携研究センターの金田義行特任教授は、南海トラフ巨大地震の解明や減災に向けて昨年度からスタートした8年間の調査研究プロジェクトの目標や課題を説明。「被害などの予測精度を高めて必要な情報を発信し、複合災害の復旧や復興も視野に入れた対策をいかに立てるか。発生が10年先、20年先になることも見据え、若い世代に伝えていかなければならない」と指摘した。

一般向けの講演は29日に過去の地震津波の解明や最近の火山噴火、防災教育などをテーマに行われ、30日は日本各地のジオパーク関連の報告や討論がある。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 三浦半島で停電相次ぐ

  2. 台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾 

  3. 「ホームレス襲撃」と命の重さ 横浜で22日上映会

  4. 進む入居者間連携 「湘南アイパーク」開所1年半

  5. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  6. 県立6施設22日に無料公開 即位礼正殿の儀を慶祝

  7. 【台風19号】相模原の住宅被害116棟 夫婦捜索に全力

  8. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  9. ラグビーW杯 「松島、ここからが勝負」恩師のエール

  10. 知的障害の15歳少女を誘拐、藤沢市内で 29歳の男逮捕