1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 結成9年記念 26日につどい、「ふじさわ・九条の会」

結成9年記念 26日につどい、「ふじさわ・九条の会」

政治行政 神奈川新聞  2014年04月23日 03:00

ふじさわ・九条の会の結成9年を記念したつどいが26日、藤沢市の藤沢市民会館で開かれる。米国出身の詩人で、長年の非核運動が評価され2012年には広島文化賞を受賞したアーサー・ビナードさんが記念講演。藤沢駅周辺でピースパレードも行う。

講演のタイトルは「美しい“アベリカ”へようこそ」。アメリカとの同盟関係ばかりに傾注する安倍晋三首相を皮肉ったもので、同会は「ビナードさんは日本人以上に日本語が達者な人。政府の言葉のごまかしを厳しく追及する講演になるだろう」と話す。

このほか、市内八つの地域九条の会の活動紹介をはじめ、「慶応大学九条の会」の学生らのスピーチも予定。パレードは市民会館から藤沢駅南口と北口一帯を約1時間かけて練り歩く。

ふじさわ・九条の会の島田啓子事務局長は「憲法9条がノーベル平和賞候補にノミネートされるうれしいニュースもあった。みんなで9条の意義を再確認したい」と話している。

午後1時半から。参加費は当日700円、前売り500円。

【神奈川新聞】


シェアする