1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 音楽の街継承へライブ 横須賀で25日

音楽の街継承へライブ 横須賀で25日

カルチャー 神奈川新聞  2016年11月22日 14:23

毎週末、ショッパーズプラザ横須賀内で開かれるライブの様子(よこすかアーティストドットコム提供)
毎週末、ショッパーズプラザ横須賀内で開かれるライブの様子(よこすかアーティストドットコム提供)

 音楽やダンスの発表の場を地元の団体などに提供している市民団体「よこすかアーティストドットコム」の発足25年を記念したライブが25日、ヨコスカ・ベイサイド・ポケット(横須賀市本町)で開かれる。

 同団体は1991年から、京急線汐入駅前のショッピングモール「ショッパーズプラザ横須賀」の協力を得て、モール内のステージをプロアマ問わずアーティストに提供。同団体のスタッフが照明や音響を担当し、毎週末開かれるライブは約7千回を数える。

 25日のライブでは、これまで舞台に立った横須賀ゆかりの25団体・個人がジャズ演奏やヒップホップダンスなど幅広いパフォーマンスを繰り広げる。

 同団体は「EMクラブ(米海軍の下士官兵集会所)があった横須賀は、ジャズの街と言われていた。音楽の街の文化を継承していきたい」と話している。

 午後4時開演で、入場料2500円。問い合わせは、同団体事務局電話046(825)1080。


シェアする