1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 女子プロレス・ディアナが「聖地」で29日に記念試合

女子プロレス・ディアナが「聖地」で29日に記念試合

スポーツ 神奈川新聞  2014年04月19日 03:00

3周年記念大会をアピールするディアナの井上京子選手(後列左から2人目)ら=幸区
3周年記念大会をアピールするディアナの井上京子選手(後列左から2人目)ら=幸区

人気女子プロレスラー井上京子選手が旗揚げし、川崎市川崎区を拠点に活動する団体「ワールド女子プロレス・ディアナ」は29日、結成3周年の記念大会を川崎市体育館(同区富士見)で開く。

記念大会は「DANGER ZONE~デンジャーゾーン川崎大会~」と題し、7試合を行う。メーンイベントの金網デスマッチ(時間無制限)では、井上京子、渡辺智子の両選手が、堀田祐美子、マスク・ド・サンの両選手と対戦。このほか、ジャガー横田、豊田真奈美、井上貴子らの各選手も出場する。

ディアナは2011年4月に旗揚げ。翌年4月に同区殿町に練習場などの拠点を移し、以後「地域密着」を掲げて活動を続けている。

井上京子選手は会見で「女子プロレスの聖地、川崎市体育館で3周年を迎えることができて感謝している。エキサイティングな試合を見せたい」と意気込みを語った。

試合は午後3時開始。問い合わせはディアナ事務局電話044(280)6437。

【神奈川新聞】


シェアする