1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 19、20日に「ヨコハマ大道芸」 38組が妙技披露

19、20日に「ヨコハマ大道芸」 38組が妙技披露

カルチャー 神奈川新聞  2014年04月15日 11:00

横浜の春を彩る恒例イベント「ヨコハマ大道芸」が19、20の両日、みなとみらい21(MM21)地区やイセザキ・モールなど市中心部の4地区を会場に開かれる。今回のテーマは「投げ銭に消費税はかかりません!」。

同実行委員会(今井大委員長)の主催で、神奈川新聞社などの後援。

8回目となる今年は国内外で活躍する計38組のパフォーマーが参加し、妙技を披露する予定。新たにJR石川町駅前の石川商店街が会場に加わる。

吉田町通りの会場では、浅草サンバカーニバルで優勝経験がある地元チーム「エスコーラ・ヂ・サンバ サウーヂ」が出演しイベントに花を添える。

MM21地区では大型商業施設「MARK IS(マークイズ)みなとみらい」内外など計7カ所でピエロやアクロバットのショーなどが披露される。

期間中、桜木町駅前などに案内所を設置する。問い合わせは、事務局電話045(662)0931。

【神奈川新聞】


シェアする